お知らせ

新しいポストはエロチックブログのほうに書かせていただきます。

Wednesday, July 9, 2014

むらむらしたまま帰宅させるオイルマッサージ

予約せずに訪れたため、30分程度待つことになった。
受付担当からシステムと価格の説明がある。
風俗店ではないことを強調している。
90分コースを選択した。

順番が回ってきて、個室に案内される。
個室といってもパーティションで仕切ってるだけの部屋。隣の声がよく聞こえる。
紙パンツなしの全裸施術である。
タオルで覆って仰向けになってサービスを待つ。

サービスに先立ち身体の洗浄。濡れタオルで拭くのだが、なぜかお腹だけ。
うつ伏せになってマッサージの開始である。

「こってるところは?」と訊かれ、おしりと腰と答えた。
足の裏のつぼマッサージは気持ちいい。
ふくらはぎから太腿とよくある手順で進んでいく。
おしりのマッサージは念入りだったが、割れ目の奥の一番感じる部分には触れてもらえない。
腰から背中にかけては普通の手順。

仰向けになり、表側のマッサージが始まる。
両脚がすんだら、ソケイ部分になる。
覆ってあったタオルは腹部に乗せられて無毛のちんぽが露になる。
大体の人は毛がないちんぽの話題になるのだが、ココの人はまったく反応がなかった。

カエル脚のように開きソケイ部分をマッサージ。
ソケイ部は脚の付け根だけでなく、タマ側のちんぽの付け根までをもマッサージしてくれる。
ぼくのちんぽはすぐにフル勃起。
しごいてすっきりさせてほしいと思うくらい興奮している。

ソケイ部の後は腕のマッサージ。
制限時間のアラームが鳴った。
勃起したままなので手コキがあるかもと期待するが「お疲れ様でした」と言ってシャワーの準備に行ってしまった。

全裸のままシャワー室まで歩きたい気分だが、タオルを巻くように促され、仕方なく巻く。
狭いシャワー室でオイルを落とす。
ちんぽをしごいて精液も落としちゃおうかととも考えたが、寸止めしてシャワーを終える。

むらむらがマックス。タオルを巻かずに個室へ戻った。
「ごゆっくりお着替えしてください」とのことなので、もう一度しごき始めた。
射精してもティシューがないことに気づき、寸止めで終わらせた。

勃起したまま服を着て、下着に収まらないちんぽを持て余し、待合室に移動する。
お茶を出してもらい、姉妹店の案内を聞く。

「すっごくむらむらしたままで(ちんぽが)収まらないんですよ。他の人もそんな状態で帰るんですか?」と問うてみるも、「ゆっくりしていってくださいね。皆さんそうみたいですよ」とどうにもならない答え。

勃起は継続しているが、帰ることにした。店の外まで出てきてお見送りしてくれる。
客対応もよし、マッサージもよし、むらむら具合もよいので、リピートしようと思う。
今度はソケイ部がこっていると伝えよう。
Post a Comment